性同一性障がい、瑚心すくいの「私の小さな人生」

私、瑚心すくいが幼少から「性同一性障がい」と向き合ってきた事

公立中学で「それぞれの希望に合う制服を着て欲しい」とLGBTに配慮!

全国の一部(埼玉県、福岡県、大阪府等)の中学校で、

「性別を問わずスカートかスラックスを自由に選べる制服の導入」

などのように、小学校からの延長でズボンの制服を着れる。

子どもたちが自分の意志を反映できる事を実現している。

 

生徒の選択の幅が広いデザインとすることを決めた、のは大阪府高石市にある中学校。

LGBTについての認識が広がり、性別にとらわれず服装を選ぶ価値観も、

若い世代に浸透している。」と。

 

福岡市では、市教育委員会有識者会議が、LGBTに配慮する形で男女誰でも着られる制服デザインを協議している。

 

トランスジェンダーの小学生や中学生で他の女子と同じスカート履きたくない、

や逆に男の子でスカートを履きたい。という話は自身のアイデンディティの表現を

実現できることは一番の喜びであろう。

 

もっともっと早く実現してほしかったが、

マイノリティ(少数者)であることは、偏見や苛めを招く可能性があることから

簡単には踏み切れななかったのであろう。

 

予算が掛かることは否めないが、従来金銭負担は当事者である。

なので、女子向けのブレザーやスカートやズボン。

男子向けのスカートやワンピースは地域の教育委員会は果敢に挑んでほしい。