性同一性障がい、瑚心すくいの「私の小さな人生」

私、瑚心すくいが幼少から「性同一性障がい」と向き合ってきた事

異性愛者(ヘテロセクシュアリティー)

皆さん、LGBTってもうご存知ですよね。

L・・・レズビアン

G・・・ゲイ

B・・・バイセクシュアル

T・・・トランスジェンダートランスセクシュアル

と、ここまでは用語として使われていますが、実際には色々嗜好などに分けられて20個以上あるようなのですが、私自身は講演などであと2個追加しています。

Q・・・クエスチョン、そのものです。不明ということです。

I・・・IS(インターセクシュアル)と言われています。半陰陽といって男女両方の性器をもっていることなのです。1日に誕生する2000人に1人の割合でいらっしゃるということなのですが、また改めて後述します。

 

気になっているのは、A・・・アセクシャル(無性愛者)。私が講演で入れないのは存在していてもおかしくない、という観点でしか理解できていないからである。

 

そもそもセクシュアルマイノリティ性的少数者)という言語が必要になったのは特にLGTの方々への理解促進のためである。昨今のように多くの方々が認知されてきたのであれば、敢えて性的少数者を分ける必要があるのが疑問はある。

つまり、これら等に異性愛者を加えれば全員が何らかの性的嗜好を必ず持っているのは常識であるといえる。因みに異性愛者の事をヘテロセクシュアリティーと呼ばれているのだが、(ご本人たちは殆ど知らないだろう)

無論、まだまだ性的少数者への偏見や誤解があり、人権差別につながっていることから使われ続けているのであろう。

しかし身体的に問題があるのは性同一性障がいとインターセクシュアルだけである。私はここは別の意味で分けて考え、研究や議論を重ねる必要があると思う。

 

昔、テレビCMで「人類皆、兄弟」というコピーがあったが今思えば意味深いものである。恐らく殆どの異性愛者(つまり一般の人)はわざわざヘテロセクシュアリティーと呼ばれたくないだろう。

でも、その呼ばれたくない感覚を大事に考えて頂ければ性的少数者の気持ちも少しはわかるのではなかろうか。