性同一性障がい、瑚心すくいの「私の小さな人生」

私、瑚心すくいが幼少から「性同一性障がい」と向き合ってきた事

お祖父ちゃん

ザ・ギャンブラー

私の1歳から3歳は、父方のお祖父ちゃんとお祖母ちゃんに面倒見てもらった。

お祖父ちゃんはと言えば、ギャンブラーである。

 

これが、また上手いことできちょる。

家におったら、私を転がして遊んでいるがすぐ飽きるので

しばらくしたら、福岡モーターボートレースへ私の手を引いてまあいい時間まで。

 

福岡市で勝てんとわかったら、長崎市の親戚ちへ遊びに行く。

何故か私は連れていかれる。

ちゃんとお祖母ちゃんもついて行くんですよ。

 

長崎県では、実は(現)諫早市は私の本籍です・・・。

良しなに。

 

お祖母ちゃんの「おはぎ」が絶品

長崎では、お祖母ちゃん特性の「おはぎ」が絶品、近所中が集まる。

私はと言えば、長崎の大村モーターボートレースへ同行させる。

 

甘いもので満足のお祖父ちゃんは、次の佐賀県唐津市の親戚を目指す。

というか唐津の海辺はきれいだ。しかし結局唐津モーターボートレース。

 

私の父も弟もギャンブルは嫌いではない。

しかし私は、そんな影響もあってか一切のギャンブルは大嫌いである。

 

当時は当たり前だが、お風呂の順番はお祖父ちゃんが一番。

連れまわされてへとへとの孫の私はお祖父ちゃんと入ったり、

 

同時に私が体験した初めての身内の死もお祖父ちゃんだった。